浜松介護福祉経営サポートセンター   業務エリア:静岡全域(浜松・湖西)、愛知県東三河(豊橋)
太田労務管理事務所 静岡県西部(浜松市・湖西市・新居町)の社会保険労務士(社労士)事務所です。 業務エリア:浜松・湖西・新居

メニュー:労務コンプライアンス
介護事業所における労働法規の遵守を徹底

平成24年4月改正介護保険法
介護事業所の労働法規の違反で

 悪質ならば指定の取り消しも!

 

 

  
改正のポイント

 2012年4月に改正される介護保険法には、事業者に対して労働基準法などの遵守を求める条文が盛り込
まれています。これにより、労働基準法に違反した介護事業者で、罰金刑を受けたものなどに対し、都道府
県等は指定を取り消すことができる
ことになります。介護事業者としては、労働基準法などの違反がないか
労務管理の状況を再確認する必要性があります。
 

 

 

業界への影響は?

  それでは、この改正が業界に与える影響はどのようになるのでしょうか。私は、今回の改正により、指定の
取り消しを受ける事業者が頻発するような事態になることはなく、直接的な影響は小さいと考えています。な
ぜなら、労働基準法違反により罰金刑まで発展するケースはそれほど多くはありません。重大な違反があっ
た場合や監督署からの是正勧告を無視するような悪質なケースに限られるのです。

 

 とはいえ、今回の改正は、介護業界における労働基準法違反などがクローズアップされたことには違いあり
ません。地域社会や職員からの信頼を守るためにも、割増賃金の不払いや賃金不払いなどの違反がない組
織作りが必要です。信頼を失えば、職員や利用者の流出につながりかねず、安定した経営を阻害する恐れ
があります。 

   

ありがちな労働基準法違反などの例

 では、どのような労働基準法違反がありがちなのか少し例を挙げると次の通りです。

  1. 時間外労働の時間数に上限を設けて、それ以上は認めていなかった。
  2. 労働基準法の管理監督者の範囲を過剰に広げて考え、本来割増賃金が必要にもかかわらず、支払
    っていなかった。
  3. 就業規則の作成・周知が必要であるにもかかわらず、作成していなかった。また、作成していたとし
    ても、周知されていなかった。
  4. ヘルパーが利用者からの突然のキャンセルがあったために、働けなくなった場合に休業手当を支払
    っていなかった。
  5. ヘルパーの移動時間を一切労働時間とせず、賃金を支払っていなかった。
  6. 強制参加の研修であっても、労働時間とせず、賃金を支払っていなかった。
  7. 最低賃金を下回っていた。(最低賃金法違反)
  8. 労働保険の保険料の徴収等に関する法律により納付義務を負う保険料等の滞納処分を受け、引き
    続き滞納していた。

   また、上記の8.のように労働保険料の滞納で「指定取り消し」となるケースもあるので注意が必要です。

  

現状の見直しを

  ここまで、平成24年4月施行の改正介護保険法についてみてきました。労働基準法などについて自社の現
状を確認しておくと良いでしょう。そして、見直しが必要な場合には、速やかに改善を実施しておくことが事業
の安定な発展につながります。

   

介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律案要綱の抜粋 

 

六 介護サービス事業者の労働法規の遵守に関する事項 

 

1 都道府県知事又は市町村長は、次のいずれかに該当する者については、介護サービス事業者の
指定等をしてはならないものとすること。 

() 労働に関する法律の規定であって政令で定めるものにより罰金刑に処せられ、その執行を
終わるまでの者、又は執行を受けることがなくなるまでの者 

() 労働保険の保険料の徴収等に関する法律により納付義務を負う保険料等の滞納処分を受け、引き続き滞納している者 

 

2 都道府県知事又は市町村長は、介護サービス事業者が1 ()に該当するに至った場合には、
指定の取消し等を行うことができるものとすること。 

 




▲上へ
浜松介護福祉経営サポートセンター   業務エリア:静岡全域(浜松・湖西)、愛知県東三河(豊橋)トップページ